科研費基盤研究(S)に採択

科研費基盤研究(S)として、下記の研究が採択されました。

受動型IoTデバイス網を用いたヒト・モノの状況認識技術の創出

代表者、大阪大学、東野教授のもと、エナジーハーベスティングなIoTデバイスとそれらを連携したコンテキスト認識に関する研究を進めていきます。