サイネージを使った行動変容支援システムがComputational Intelligenceに採択

インタラクティブサイネージを使った行動変容支援システムが国際論文誌Computational Intelligenceに採択されました.

Zhihua Zhang; Yuta Takahashi; Manato Fujimoto; Yutaka Arakawa; Keiichi Yasumoto

Investigating effects of interactive signage–based stimulation for promoting behavior change Journal Article

Computational Intelligence, 0 (0), 2019.

Abstract | Links | BibTeX

第15回医工連携セミナー@姫路で講演

兵庫県立大学先端医工学研究センター(AMEC)主催の第15回医工連携セミナーに登壇させていただくことになりました.

開催日程:2019年5⽉14⽇(⽕) 17:00〜18:00
開催場所:姫路ターミナルスクエア 2 階会議室
講演タイトル:「医療と介護でのIoTビジネスの新潮流」