第3回行動変容と社会システム研究会を開催

第3回行動変容と社会システム研究会(主査:荒川)を、北海道ルスツリゾートで開催しました。

今回は、WSSIT(社会システムと情報技術研究ウィーク)に混ぜていただき、電子情報通信学会や人工知能学会の近隣分野の方と一緒にディスカッションさせていただきました。

この中で、以下の2件の研究発表も行いました。

BCSS6:ワンウェイ方式カーシェアリングにおける利用者へのトリップ依頼による車両偏在削減手法の提案

千住琴音,水本旭洋,荒川豊,安本慶一


BCSS7:位置情報サービスにおける個人特化型ゲーミフィケーション~スタンプラリーイベントを通じた「慣れ」「飽き」の調査~


松田 裕貴, Akpa Akpro Elder Hippocrate, Konan N’djabli Cedric Ange, 中村 優吾, 前田 直樹, 千住 琴音, 荒川 豊

次回の行動変容と社会システム研究会は、また夏頃を予定しています。

Ikoma Civic Tech Awardの最終審査会を開催

これまで約半年にわたって開催してきたIkoma Civic Tech Awardの最終審査会を生駒市コミュニティーセンター文化ホールで開催しました。

生駒市主催のこのイベントには、Code for Ikomaの幹事として、そして奈良先端大のユビ研として、協力してきました。前回、前々回は、ユビ研のParmoSenseで町歩きをして実際にデータを作成するといったこともでき、市民の方に奈良先端大を知っていただくチャンスでもありました。

最終的に5つのアプリと6つのアイデアが投稿され、市民投票と小紫市長をはじめとする審査員による審査を経て、「最優秀賞」と「生駒の未来市民賞」をそれぞれの分野から選出します。

結果は、下記の通りなりました。なんと4919の開発者は、指導学生でした。おめでとうございます。
(荒川は、学会との日程重複により、審査員を辞退したため、審査には一切関わっておりません)

最優秀賞:4919 for Ikoma
アイデア部門賞:いこまちカレンダー
生駒の未来市民賞 アプリ部門:4919 for Ikoma
生駒の未来市民賞 アイデア部門:いこまちカレンダー

4919 for Ikoma
https://ikoma-civic.tech/appli05/

いこまちカレンダー
https://ikoma-civic.tech/idea05/