UCLAでの国際共同研究スタート

科研費国際共同研究加速費の支援により,7月25日からUCLAでの研究をスタートします.
国内の連携大学および共同研究先の方々にはご迷惑をおかけしますが,どうぞご支援よろしくお願いいたします.

UCLAでは, Mani Srivastava教授のNetworked and Embedded Systems Laboratoryにて研究を進めます.

ロサンゼルスにお立ち寄りの際は,ご連絡ください.

韓国Ajou大学からの見学

韓国Ajou大学のJeongGil Ko先生らが学生20名とNAISTユビ研を訪問されました.
スマートホームに加え,ロボティクスや光メディアのデモを見学していただきました.

DICOMO2017で2件の受賞

DICOMO2017で,指導学生が最優秀プレゼンテーション賞(D2松田くん)と優秀プレゼンテーション賞(M2雨森くん)を受賞しました.

◎ 松田裕貴,河中祥吾,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
ユーザ参加型センシングの割り込みに対する応答性調査 〜時空間データとタスク難易度およびユーザ属性による考察〜,
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.

◎ 雨森千周,水本旭洋,荒川豊,安本慶一:
WHOQOL-BREFに基づくHRQOL評価におけるスマートデバイスを用いた簡易計測手法の提案,
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO 2017)シンポジウム,北海道,2017年6月.

自転車競技向け位置共有システムに関する研究が情報処理学会論文誌(CDS)に採択

シャープ株式会社との共同研究の成果が,情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム(CDS)に採択されました。

河中祥吾,高橋雄太,雨森千周,藤本まなと,荒川豊(NAIST),藤原晶,福島徹也,松原敬信(シャープ株式会社):
競技者の負担を軽減した自転車競技向け参加型位置共有システムの実装と評価
情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム(CDS), Vol. 7, No. 2, 2017年5月.