タッチ操作からの行動認識に関する論文が IJCSMCに採択

タッチ操作からの行動認識に関する論文が IJCSMC(International Journal of Computer Science and Mobile Computing)に採択されました.

Yuko Hirabe, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto, “TouchAnalyzer: A System for Analyzing User’s Touch Behavior on a Smartphone,” International Journal of Computer Science and Mobile Computing, Volume 7, Issue 1, pp.25–38, January 2018.

行動変容に関する研究成果がIEEE Accessに採択

行動変容に関する研究成果がIEEE Accessに採択されました.

Edith Talina Luhanga, Akpa Akpro Elder Hippocrate, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto, “Identifying and Evaluating User Requirements for Smartphone Group Fitness Applications, ” IEEE Access, January 2018.

継続的な運動を促すために,ソーシャルサポート機能(グループで運動を競い合う/褒め合う機能)が増えているのですが,どのような仕掛けが効果的かということを6週間の実験を通して実証的に検証したものです.JSTさきがけで取り組んでいる行動変容に関する研究の一環です.(英語の要旨はIEEEのサイトで御覧ください)