情報処理学会論文誌に2件採択

情報処理学会の「ネットワークサービスと分散処理」特集号( https://www.ipsj.or.jp/journal/cfp/19-H.html ) に下記2件の論文が掲載されました.1つ目は,マイマップで似たマップを検索するというものです.
 
荒川 豊,金平 卓也 ,安本 慶一 
POI情報の補完によるマイマップ検索システム
bit.ly/ipsj-dps-journal-2019-1
 
梅木 寿人,中村 優吾,藤本 まなと,水本 旭洋,諏訪 博彦,荒川 豊.安本 慶一 
混雑度の偏りを考慮した避難所決定手法
bit.ly/ipsj-dps-journal-2019-2

IEEE PerCom 2019フルペーパー採択!

ユビキタスコンピューティング分野のトップ会議,IEEE PerCom 2019に下記論文が採択されました.

Yoshinori Umetsu, Yugo Nakamura, Yutaka Arakawa, Manato Fujimoto, Hirohiko Suwa:
EHAAS: Energy Harvesters As A Sensor for Place Recognition on Wearables

この研究は,太陽電池などのエナジーハーベスト素子を電源としてだけではなく,センサとしても活用することで,長期的な場所認識を行うというものです.

電子情報通信学会ASN研究会で発表、菅田くん若手奨励研究賞

2019年1月28日から29日にかけて、鹿児島県指宿市で開催された電子情報通信学会ASN研究会で下記の発表を行い、M1の菅田くんが若手研究奨励賞を受賞しました。この研究は、Percomで発表する、エナジーハーベスト場所認識に関する研究の第2段で、計測手法を再設計し、バッテリレス化に成功した結果を発表しました。

菅田唯仁, 荒川豊, 安本慶一, “環境発電による環境発電素子の発電量計測システム,” 電子情報通信学会知的環境とセンサネットワーク研究会, 2019年1月.