SmartSensing2019で展示

6月5日〜7日にかけて,東京ビックサイトで開催されるSmart Sensing 2019で,NAISTと合同で研究展示を行います.

 

展示内容は,サステイナブルなセンシングをテーマとして,参加型センシングプラットフォームParmoSenseと,エナジーハーベスト素子を用いた屋内場所認識システムEHAASを展示します.

 

SmartSensing2019_img

Journal of Sensorsに採択

フィットネス識別用のスマートグローブに関する研究がJournal of Sensorsに採択されました。

Akpa, Elder A H; Suwa, Hirohiko; Arakawa, Yutaka; Yasumoto, Keiichi; Fujiwara, Masashi

A Smart Glove to Track Fitness Exercises by Reading Hand Palm Journal Article

Journal of Sensors, 2019.

Abstract | Links | BibTeX

情報処理学会MBL研究会でWorkerSenseについて発表

5月23日-24日に奄美大島で開催される第91回MBL研究会で、オフィスワーカーを対象として、長期間のアンケートと心身および環境センシングを実現するモバイルアプリケーションについて発表します。

優里, 谷; 裕貴, 松田; 祥吾, 河中; 敦, 大坪; 陽大, 平野; 豊, 荒川; 慶一, 安本

オフィスワーカーの心身と環境センシングのためのアプリケーションの開発と評価 Conference

情報処理学会第91回MBL研究会, 2019.

Links | BibTeX

第15回医工連携セミナー@姫路で講演

兵庫県立大学先端医工学研究センター(AMEC)主催の第15回医工連携セミナーに登壇させていただくことになりました.

開催日程:2019年5⽉14⽇(⽕) 17:00〜18:00
開催場所:姫路ターミナルスクエア 2 階会議室
講演タイトル:「医療と介護でのIoTビジネスの新潮流」

ISMICT2019でデイケア施設向けメモアプリに関する研究を発表

2019年5月8日(水)〜5月10日(金)にノルウェー・オスロにて開催される13th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2019)でデイケア施設向けメモアプリに関する研究を発表します。

Haruka Wada Zhihua Zhang, Manato Fujimoto Yutaka Arakawa Keiichi Yaumoto

QuickCareRecord: Efficient Care Recording Application with Location-based Automatic View Transition and Information Complement Inproceedings

13th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT2019), 2019.

Links | BibTeX

受験生向け研究室紹介

大学院からヒューマノフィリックシステム研究室を希望する人からの問い合わせが複数あったので,急遽,研究室紹介スライドを作成しました.

2019年は,教員1名と4年生2人でスタートしましたが,5月から石田助教が加わり,石田グループの学生たち(所属は福田・久住研)ともゼミを合同で行う体制となり,賑やかになっています.

ヒューマノフィリックシステム研究室では,以下のような学生(修士)の皆さまを歓迎します.

  • 人の行動センシングや行動変容(行動に影響を与える情報システム)に興味がある人
  • 電子回路などハードウェアが得意な人(プログラミングはちょっと・・・というのでもOK)
  • iOS/Androidアプリを書いたことがある人(ハードはまったく・・・というのでもOK)
  • Pythonで機械学習ならという人(別にRとかWekaでも構いません)
  • やる気と体力だけは負けないと自負しいている人(笑)(元気が一番です)

博士課程希望の皆様

  • (日本人)学振DC1の申請書に則り,これまでの研究履歴と博士課程3年間の研究計画を書いてください.
  • (For International students)
    • Please send your CV, a list of past publications, and research plan for 3 years.
    • You don’t need to write in Japanese. English is better.
    • Currently, we only accept the students having a certain scholarship such as JSPS.

注意点

  • 現在,修士受験のための研究生は受け入れていません.
    Currently, we don’t accept a research student (applicants for a master course).
  • 修士,博士どちらの場合も,事前に相談お願いします.
    Please contact me in advance.
  • (For International students)We will interview in English. Japanese is not so important.