逆離散フーリエ変換を用いた新しいエリア特徴量~活性度~の定義

井上隼英, 荒川豊, 石田繁巳: 逆離散フーリエ変換を用いた新しいエリア特徴量~活性度~の定義. 電子情報通信学会センサネットワークとモバイルインテリジェンス研究会, 2022.

Abstract

    BibTeX (Download)

    @conference{inoue-semi-2022,
    title = {逆離散フーリエ変換を用いた新しいエリア特徴量~活性度~の定義},
    author = {井上隼英, 荒川豊, 石田繁巳},
    year  = {2022},
    date = {2022-01-13},
    urldate = {2022-01-13},
    booktitle = {電子情報通信学会センサネットワークとモバイルインテリジェンス研究会},
    keywords = {EBPM, event detection},
    pubstate = {published},
    tppubtype = {conference}
    }