itoconポータルサイトの開設と週間itoconの創刊

6月12日以来,当研究室では,九大学研都市駅および伊都キャンパスのバス停4箇所の混雑度情報をリアルタイムに提示するシステムitoconを提供しています.9月にはLINE版も登場し,現在はモバイルアプリ版も開発中です.混雑度センサについても,キャンパス内の主要バス停への設置工事を進めているところです.

情報が増えてきたため,今後,こうした情報をまとめて提供するサイトを開設しました.

https://itocon.arakawa-lab.com/

このサイトの中で,itoconの利用状況や混雑度の推移などをレポート形式で公開していく週間itoconをスタートしました.

第1回目の記事は,後期に入り,一部,対面講義がスタートしたことで,バス停の混雑状況がどう変化しているのかについてレポートしています.

今後,itoconの進化にご期待ください.

開発チーム一同

ACM SenSys202に2件(ポスター)採択

2020年11月16日から19日にかけて、オンラインで開催されるACM SenSys2020で、バス停混雑度可視化システム及びバス停での安心安全提供に関してポスター発表します。

Shigeru Takano, Maiya Hori, Yutaka Arakawa, Rin-ichiro Taniguchi

Towards ICT based mobility support system with in the COVID-19 era Inproceedings

The 18th ACM Conference on Embedded Networked Sensor Systems (SenSys 2020), 2020.

BibTeX

Ryo Takahashi, Kenta Hayashi, Yudai Mitsukude, Masanori Futamata, Shunei Inoue, Shuta Matsuo, Shigemi Ishida, Yutaka Arakawa, Shigeru Takano

Itocon - A System for Visualizing the Congestion of Bus Stops around Ito Campus in Real-time Inproceedings

The 18th ACM Conference on Embedded Networked Sensor Systems (SenSys 2020), 2020.

BibTeX

第28回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2020) で1件のポスター発表

2020年11月11日から13日にかけて、静岡県伊東市で開催される第28回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2020)で、バス停混雑度可視化システムitoconについてポスター発表します.

髙橋 遼; 林 健太; 光来出 優大; 二俣 雅紀; 井上 隼英; 松尾 周汰; 石田 繁巳; 荒川 豊; 高野 茂

バス停混雑度可視化システムitocon(いとこん) Conference

第28回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2020), 2020.

BibTeX

第8回学生スマホアプリコンテストで受賞

情報処理学会・CDS/MBL/UBI研究会が、学生を対象に実施している、スマートフォンアプリコンテストにおいて、研究室4年生チームが「プレゼンテーション賞」を受賞しました。

第8回学生スマートフォンアプリコンテスト

開発したアプリは、ビデオ会議を盛り上げたり便利にしたりするために参加してくるボットアプリです。Jitsi meetを活用し、スマホからボットの入場、退場を制御できるように作られています。

おめでとうございます!